忍者ブログ
生きる希望・喜び持てる街づくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

厚別区民報原稿(2016年3月23日)
市政改革に挑戦

「子どもをスキーに連れて行きたいが…」

入学式を控え子どもはワクワクしていますが親にとっては何かとお金がかかり大変な季節です。観光文化局の予算特別委員会では、スポーツまちづくり推進費に関連して「さっぽろ子ウインタースポーツ料金助成事業」について取り上げました。この事業は、1シーズンに1度、市内の全小学校の3年生を対象にスキー場を利用する際のリフト料金やスケート場を利用する際の貸靴料に対する助成を行うものです。対象となる児童数は約15,000人、2016年度の予算計上額は1,500万円になります。助成方法は、リフト代金として1人当たり1,000円分、スケート貸靴料金として1人当たり2時間分の貸靴料300円分をそれぞれクーポンとして配布するというものです。子どものスポーツ推進のための予算化は良いことですが、リフト代のクーポンを配布しても、スキーの板、金具、靴、ウエア、そして交通費など、かなりの金銭的な負担が伴うため、家庭の経済的な事情のためにスキーに行けない子どもがいるのです。そのため教育委員会では、リサイクルを実施していますが、2011年から2015年の5年間では、リサイクルスキーを希望する市民の応募数は16,312件ですが、実際にスキーが配布されたのは1,583件にとどまり、応募数のわずか1割にも満たないものでした。つまり応募が多数で抽選のため、希望してもなかなか当たらず、必要とする家庭にリサイクルスキーが十分に配布されていないのです。あるお母さんは「2人小学生の子どもがいます。市のリサイクルに応募したが、2人とも抽選に外れ残念でした」と言っています。お金の心配なしに全ての子どもたちがスキーを楽しめるように市がリサイクルスキーの大幅な拡大と、気軽にレンタルできる仕組みを構築すべきと求めました。
PR
忍者カウンター(2013年7月~)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
共産党厚別区事務所 村上ひとし
性別:
男性
自己紹介:
1962年高校教師の家庭に3人兄弟の末っ子として標茶町に生まれる

現在、日本共産党札幌市議会議員

身長:183センチ
体重:77キロ
靴のサイズ:25.5センチ
脚のながさ:88センチ
好きな食べ物:カレーライス、ポテトサラダ
嫌いな食べ物:なし
お酒:何でも飲めます。たしなむ程度
座右の銘:点滴石をも穿つ
ブログ内検索
市政事務所のFacebookページ
街頭宣伝
地下鉄ひばりが丘
地下鉄新さっぽろ
地下鉄大谷地
 
JR森林公園
厚別南 
新札幌 
もみじ台
ルミネ前 月2回
2:00~2:30
3:00~3:30
日本共産党札幌白石・厚別地区委員会のFBページ
バーコード
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   村上ひとし     All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]