忍者ブログ
生きる希望・喜び持てる街づくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

厚別区民報原稿(2016年4月5日)
市政改革に挑戦

「この人間集団は、どこに向かうのか?」

 自民党の勝木議員による「精神鑑定を受けた方がいいんじゃないのか」というヤジ問題が、札幌市や道内のみならず全国的に炎上しています。当然のことです。皆さんはどのように考えているでしょうか?
 本会議では、議長が今回のヤジ問題に対して「議会の品位を損ねるものであり、議長として誠に遺憾に思う」という極めて異例の発言がありました。日本共産党は市議会で「勝木勇人議員のヤジに対し、猛省と公の場での謝罪を求める決議案」を提案しました。
 この決議の目的は、自民党と勝木議員に対して、今回のヤジがどれほど人権感覚を欠き、公人として許されざるものだったかという自覚を促すとともに、議会の品位と良識を市民に明確に示すものでした。私は決議案の提案者として「…異議があるのであれば、檀上で反対討論に立ち、正々堂々と議会の場で自らの考えを述べるのが筋であり、それこそ議員のなすべき役割である…」「…事の重大性に鑑み記者会見など、市民からの抗議に応える公の場での正式な謝罪をすべき。そのことが市民への説明責任を果たし、議会の信頼回復を図ることである…」という内容で提案説明を行いました。
 この決議案には、共産・民主・改革・市民ネ・維新が賛成し共同提出会派になりましが、自民・公明の反対で残念ながら否決されました。全国で自民党議員の暴言が国民の心を傷つけ怒りを呼んでいます。そして札幌市でも起こりました。これは決して偶然ではありません。「こうした暴言を繰り返す人間集団に政治を任せていいのか?」という国民の声は更に炎上するでしょう。自民・公明は、こうした市民と国民の怒りに対して、納得のいく説明と弁明を行うべきです。
PR
忍者カウンター(2013年7月~)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
共産党厚別区事務所 村上ひとし
性別:
男性
自己紹介:
1962年高校教師の家庭に3人兄弟の末っ子として標茶町に生まれる

現在、日本共産党札幌市議会議員

身長:183センチ
体重:77キロ
靴のサイズ:25.5センチ
脚のながさ:88センチ
好きな食べ物:カレーライス、ポテトサラダ
嫌いな食べ物:なし
お酒:何でも飲めます。たしなむ程度
座右の銘:点滴石をも穿つ
ブログ内検索
市政事務所のFacebookページ
街頭宣伝
地下鉄ひばりが丘
地下鉄新さっぽろ
地下鉄大谷地
 
JR森林公園
厚別南 
新札幌 
もみじ台
ルミネ前 月2回
2:00~2:30
3:00~3:30
日本共産党札幌白石・厚別地区委員会のFBページ
バーコード
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   村上ひとし     All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]