忍者ブログ
生きる希望・喜び持てる街づくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

厚別区民報原稿(2016年5月11日)
市政改革に挑戦

「これじゃ増税の意味わかんねぇ~」

 安倍首相は、世界で一番、企業が活躍しやすい国を目指すことで、「大企業がもうけをあげ、いずれは家計に回ってくる」と述べてきました。しかし、アベノミクスで利益をあげた大企業と富裕層による税金逃れ、いわゆるタックスヘイブン(租税回避地)の利用実態が明らかになりました。これは、税率の低い国に巨額資産を移転させ、本来自国で負担すべき税金の支払いを回避するものと言われています。つまり、「ガッポリ稼いで税金は逃れる」という事です。一方、安倍内閣発足から3年間で、貯蓄ゼロ世帯は470万世帯増え、過去最高の1,890万世帯に達しました。所得が少ないため、子どもの入学準備や病気、失業など、いざという時のための貯えができない。貯えはあったが、年金や給料が減って、貯えを切り崩して暮らし、いよいよ底をついた。このような世帯は、2人以上世帯で30.9%に達し、単身世帯では過去最高の47.6%、ほぼ2人に1人というところまで広がっています。今や貧困問題は、世代を問わず、多くの国民が「ちょっとしたきっかけで自分も貧困に陥るかもしれない」と不安を抱きながら暮らしているのです。タックスヘイブンは、「合法的で何ら問題がない」と言いますが、各国の課税を逃れ、格差と貧困の増幅装置として、大企業と富裕層の求めに応じ合法化してきたこと自体が問題です。使うあてのない内部留保資金は300兆円を超え、タックスヘイブンを利用して税金逃れをするのですから、いくら大企業が利益を上げても、けっして家計には回ってきません。貧しい者が負担した税金によって、大企業と富裕層が蓄財するなど許されないことです。
PR
忍者カウンター(2013年7月~)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
共産党厚別区事務所 村上ひとし
性別:
男性
自己紹介:
1962年高校教師の家庭に3人兄弟の末っ子として標茶町に生まれる

現在、日本共産党札幌市議会議員

身長:183センチ
体重:77キロ
靴のサイズ:25.5センチ
脚のながさ:88センチ
好きな食べ物:カレーライス、ポテトサラダ
嫌いな食べ物:なし
お酒:何でも飲めます。たしなむ程度
座右の銘:点滴石をも穿つ
ブログ内検索
市政事務所のFacebookページ
街頭宣伝
地下鉄ひばりが丘
地下鉄新さっぽろ
地下鉄大谷地
 
JR森林公園
厚別南 
新札幌 
もみじ台
ルミネ前 月2回
2:00~2:30
3:00~3:30
日本共産党札幌白石・厚別地区委員会のFBページ
バーコード
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   村上ひとし     All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]