忍者ブログ
生きる希望・喜び持てる街づくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ドイツのシーメンス社は、今後、原発建設にはかかわらない理由として「原子力エネルギーは使わないというドイツ社会と政治の明確な見解に対する企業としての答えだ」としています。
 脱原発世論の高まりや政府の撤退決定で原発製造大手の同社も方針転換を余儀なくさせられたことを認めたものです。
 同社は、風力発電など再生可能エネルギーの国内シェアを20年までに35%にしていくというメイケル政権の政策について「100年に一度の大規模プロジェクトだが達成可能であり支援していく」と語っています。
 シーメンス社は、フランス原子力大手アレバとの原発製造の合弁会社「アレバNP」の持ち分を全て売却。ロシアの原発メーカー、ロスアトムとの合弁会社の計画も取り下げることを明らかにしました。政治がやる気になればできるのです。
 一方日本では、原発事故の収束と放射能汚染への対策が進まないなか、野田政権は国民世論を無視し、無責任にも原発再開・推進姿勢を明確にしました。
 経産省の資料によると、全国の原発建設費は13兆円にのぼり、原子炉建屋は大手ゼネコン5社(鹿島建設・大林組・大成建設・竹中工務店・清水建設)の独占受注です。ゼネコン幹部は「粗利益は2割から3割と高く、最初の建設を受注できれば2号機、3号機と継続して受注でき本当においしい仕事だ」と証言しています。
 野田首相は、国民の命と健康・人類の未来より、目先の大企業の利益を優先しました。

さよなら原発■■■

 作家の大江健三郎さん、落合恵子さん、音楽家の坂本龍一さんら著名9氏が呼びかけた「さよなら原発集会」が19日、東京・明治公園で開催され6万人が集まりました。
 また、海外ではドイツの電機大手シーメンスが原発事業から完全撤退することを明らかにしました。これは国として2022年までの原発からの段階的な撤退を決めたことを受けたものです。
 福島第一原発事故後、世界の主要メーカーが原発事業からの完全撤退を表明するのは初めてのことです。
PR
忍者カウンター(2013年7月~)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
共産党厚別区事務所 村上ひとし
性別:
男性
自己紹介:
1962年高校教師の家庭に3人兄弟の末っ子として標茶町に生まれる

現在、日本共産党札幌市議会議員

身長:183センチ
体重:77キロ
靴のサイズ:25.5センチ
脚のながさ:88センチ
好きな食べ物:カレーライス、ポテトサラダ
嫌いな食べ物:なし
お酒:何でも飲めます。たしなむ程度
座右の銘:点滴石をも穿つ
ブログ内検索
市政事務所のFacebookページ
街頭宣伝
地下鉄ひばりが丘
地下鉄新さっぽろ
地下鉄大谷地
 
JR森林公園
厚別南 
新札幌 
もみじ台
ルミネ前 月2回
2:00~2:30
3:00~3:30
日本共産党札幌白石・厚別地区委員会のFBページ
バーコード
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   村上ひとし     All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]