忍者ブログ
生きる希望・喜び持てる街づくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 私が市議会で繰り返し提案してきた介護保険の「受領委任払制度」が十月から始まります。
 これは、地域の皆さんに実現するまで議会で「しつこくやる」と、約束してきたもので、市の担当者からも「また質問するんですか」と、いつも敬遠されていました。 高齢化の時代といいながら、介護が必要となっても重い利用料負担のため、必要なサービスを制限せざるを得ない。在宅の生活が困難となり施設入所を希望しても特養ホームは6000人を越える待機者のため、いつまで待っても入所できません。
 厚別区では「こういう形で終わることを許してください。介護の大変さを知りました」という遺書を残し、老夫婦の無理心中事件がありました。孤独死や自殺も増えています。具体的な高齢者対策は待ったなしです。
 私は、父親を在宅介護していた時に、介護保険の福祉用具の購入費や住宅改修費には、まず費用全額を自分で支払い、その後、介護保険から費用の九割が戻ってくる方式(償還払い)のみであることに大きな問題意識を持ちました。
 年金暮らしの高齢者が費用を全額用意しなければならず、負担が大変だからです。実際に費用負担ができず、あきらめたり、利用範囲を狭めている方がたくさんいます。
 今度から「受領委任払制度」が使えることで、必要な福祉用具の購入や住宅の改修(バリアフリー化)工事が最初から費用の一割だけを支払えばよくなります。
 例えば、住宅改修の場合、いったん全額20万円の支払いが、その1割負担の2万円で工事ができるようになります。
 少し時間がかかりましたが、ようやく介護保険の「受領委任払制度」が実現することになります。お年寄り、障がいのある方と家族に朗報です。
PR
忍者カウンター(2013年7月~)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
共産党厚別区事務所 村上ひとし
性別:
男性
自己紹介:
1962年高校教師の家庭に3人兄弟の末っ子として標茶町に生まれる

現在、日本共産党札幌市議会議員

身長:183センチ
体重:77キロ
靴のサイズ:25.5センチ
脚のながさ:88センチ
好きな食べ物:カレーライス、ポテトサラダ
嫌いな食べ物:なし
お酒:何でも飲めます。たしなむ程度
座右の銘:点滴石をも穿つ
ブログ内検索
市政事務所のFacebookページ
街頭宣伝
地下鉄ひばりが丘
地下鉄新さっぽろ
地下鉄大谷地
 
JR森林公園
厚別南 
新札幌 
もみじ台
ルミネ前 月2回
2:00~2:30
3:00~3:30
日本共産党札幌白石・厚別地区委員会のFBページ
バーコード
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   村上ひとし     All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]