忍者ブログ
生きる希望・喜び持てる街づくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

札幌市厚別区にある北星学園大学に対し、従軍慰安婦問題の記事を書いた元朝日新聞記者をしていた非常勤講師をやめさせなければ「学生を痛めつける」「爆弾を爆発させる」などの異常なまでの卑劣な脅迫が続いています。また、その脅迫は非常勤講師の家族にまで及ぶという悪質なものとなっています。

 北星学園がこれまで、大学として発信してきた「平和」への強い訴えをこんな悪質な脅迫に屈して歪めてはいけないと、「北星学園の平和宣言を支持する厚別区民の会」(代表 新西 孝司)が10月初めに発足しました。
 11月9日(日)同会は「活動報告と意見交換会」を開きました。発足以降同会は直ちに、大学自治と学問の自由を守るために、どんな理由があろうとも、暴力や脅迫を許してはいけない。歴史の真実に背き平和を脅かそうとする力に大学が屈しないよう応援の署名を集め、数回にわたり大学に届け、エールを送ってきました。短時間に集まった署名は800を超えてきたことを報告し、今後も厚別区だけにとどまらず、広範囲に署名を集めようと訴えられました。
 この日集まった35人の市民からは、「学生たちは、どんなことを思っているのでしょうか?不安に思う学生は多いと思う。こちらからの働きかけが必要なのではないでしょうか」「こんな問題が大きくなったら父兄の心配も広がるのでは?」「北星だけの問題ととらえずに、今後、社会に大きな影響を与える問題として闘いを進めなくてはならない」大学の同窓生からは「同窓生からも全国から署名が届いています。卒業生も現役の学生も、胸を張って『北星大を卒業した』と言えるように、悪質な脅迫に屈しなかった大学にしたい」と発言が続きました。
 最後に呼びかけ人でもある私、村上ひとしが北星大の平和宣言が読み上げ「この平和宣言をうたった大学が、私たちが住む厚別区にあることを誇りに、いっしょに守り抜きましょう」と呼びかけました。

PR
忍者カウンター(2013年7月~)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
共産党厚別区事務所 村上ひとし
性別:
男性
自己紹介:
1962年高校教師の家庭に3人兄弟の末っ子として標茶町に生まれる

現在、日本共産党札幌市議会議員

身長:183センチ
体重:77キロ
靴のサイズ:25.5センチ
脚のながさ:88センチ
好きな食べ物:カレーライス、ポテトサラダ
嫌いな食べ物:なし
お酒:何でも飲めます。たしなむ程度
座右の銘:点滴石をも穿つ
ブログ内検索
市政事務所のFacebookページ
街頭宣伝
地下鉄ひばりが丘
地下鉄新さっぽろ
地下鉄大谷地
 
JR森林公園
厚別南 
新札幌 
もみじ台
ルミネ前 月2回
2:00~2:30
3:00~3:30
日本共産党札幌白石・厚別地区委員会のFBページ
バーコード
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   村上ひとし     All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]