忍者ブログ
生きる希望・喜び持てる街づくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ちょっと遅くなりましたが、3月11日、東日本大震災、福島原発事故から1年、皆さんは何をして、どんなことを考えていたでしょうか?
 当日は1日中、特別番組が組まれて、追悼の思いを込めたテレビ番組が続いていました。
 私は、朝10時から大通8丁目でおこなわれた「早期復興!なくそう原発!許すな再稼働!3・11北海道集会」に参加しました。厚別区からも50人を超えるみなさんが一緒に参加し、黙祷をささげ、2500人の参加者と共にデモ行進に参加しました。デモ行進では、いつもより参加者のシュプレヒコールが大きく響き、震災の復興と原発を早くなくして、安心できる日本に変えたいと願う思いが込められていることを強く感じました。写真でもお判りのように、厚別区からの参加者は、骸骨のお面をつけ、原発事故の恐ろしさを訴えました。数が多かったので、骸骨がうようよいて、通行人の目を引いていました。
 デモ行進には小さなお子さんと手をつないで参加されている若いお母さんの姿もありました。私は、デモ行進に参加しながら、昨夜、自分の頭から離れなかった想いがよみがえり、涙が止まりませんでした。「1年前の今頃、明日、いとしい家族が震災で命を奪われるなんて、放射能から逃げるのために、この生活が無くなるなんて、誰も考えず、笑ったり、けんかをしたり、ふつうの一家団欒を過ごしていたはず」。ずっと、そんな事を考えていました。もし自分だったら、なんて置き換えて考えることは到底できません。
 今、自分にできることは、1日も早い復興への協力と、原発事故を起こさないために泊原発の廃炉へと全力を尽くすこと。この一念で頑張りぬきます。
 
PR
忍者カウンター(2013年7月~)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
共産党厚別区事務所 村上ひとし
性別:
男性
自己紹介:
1962年高校教師の家庭に3人兄弟の末っ子として標茶町に生まれる

現在、日本共産党札幌市議会議員

身長:183センチ
体重:77キロ
靴のサイズ:25.5センチ
脚のながさ:88センチ
好きな食べ物:カレーライス、ポテトサラダ
嫌いな食べ物:なし
お酒:何でも飲めます。たしなむ程度
座右の銘:点滴石をも穿つ
ブログ内検索
市政事務所のFacebookページ
街頭宣伝
地下鉄ひばりが丘
地下鉄新さっぽろ
地下鉄大谷地
 
JR森林公園
厚別南 
新札幌 
もみじ台
ルミネ前 月2回
2:00~2:30
3:00~3:30
日本共産党札幌白石・厚別地区委員会のFBページ
バーコード
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   村上ひとし     All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]