忍者ブログ
生きる希望・喜び持てる街づくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ランドセルには間に合わない!」

 12月、本格的に雪が降り始め、クリスマス、お正月、小学校入学など、懐具合を気にする親の苦労とは裏腹に、子どもたちには楽しい行事が続きます。
 日本は教育費が世界一高い。だから親の負担は大変です。しかも労働者の実質賃金は、この3年間に年収ベースで約18万円も減り、就学援助制度を利用せざるを得ない世帯は増えているのです。 
 12月6日、第4回定例市議会で西区選出の日本共産党田中啓介議員が代表質問を行いました。  就学援助には入学準備金があります。しかし、札幌の場合は、支給は入学式が終わってからの6月から7月に支給されるため、親御さんは費用捻出に大変です。この件は、日本共産党市議団が議会で再三にわたり取り組んできた問題です。今回の議会で、中学生の入学準備金のみ入学前の3月に支給させることが明らかとなりました。一歩前進です。しかし今回は、小学生には適用しないのです。前回、決算委員会で副市長は、「ランドセルなど、必要なお金は入学前に支給することが好ましい」と答弁しました。田中議員は、2015年度の実績から小学生の入学準備金の支給総額は約4100万円だったこと、しかも新たに予算をつけるのではなく、6月に支給しているお金を3月にと、「中学生と併せ小学生への入学準備金も入学式に間に合うように支給する決断をすべき」と求めました。しかし、教育長は小学生への支給については言及しませんでした。
 小学生と中学生の子どもがいる家庭では兄弟げんかが起きそうです。これは新たな予算化ではなく、中学生と同様に前倒しで支給するだけです。たとえ煩雑な事務作業だとしても、所得が下がり続ける中で頑張っている親の背中と子どもの喜ぶ笑顔を考えたら、小中学校一緒に3月に支給するための頑張りが市に求められていると思います。
PR
忍者カウンター(2013年7月~)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
共産党厚別区事務所 村上ひとし
性別:
男性
自己紹介:
1962年高校教師の家庭に3人兄弟の末っ子として標茶町に生まれる

現在、日本共産党札幌市議会議員

身長:183センチ
体重:77キロ
靴のサイズ:25.5センチ
脚のながさ:88センチ
好きな食べ物:カレーライス、ポテトサラダ
嫌いな食べ物:なし
お酒:何でも飲めます。たしなむ程度
座右の銘:点滴石をも穿つ
ブログ内検索
市政事務所のFacebookページ
街頭宣伝
地下鉄ひばりが丘
地下鉄新さっぽろ
地下鉄大谷地
 
JR森林公園
厚別南 
新札幌 
もみじ台
ルミネ前 月2回
2:00~2:30
3:00~3:30
日本共産党札幌白石・厚別地区委員会のFBページ
バーコード
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   村上ひとし     All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]